毛穴のクレンジング

クレンジングバームがおすすめな人【毛穴や黒ずみケアには向いている?】

投稿日:

クレンジングバームは最近、少しずつ知られる機会も増えてきた新しいタイプのクレンジング剤です。毎日メイクを施している女性にとってクレンジングは大切な毎日の日課で、クレンジングバームについても気になっているという人は多いのではないでしょうか。

クレンジングバームはクレンジングオイルやクレンジングジェルなどに比べて認知度も低く、取り扱っているメーカーもまだまだそれほど多くありません。しかしその一方でクレンジングバームは肌にいいといった噂だけがどんどん口コミなどで広がりつつあります。

そこで今回はまだあまり知られていないクレンジングバームについて、どういったものでなぜお肌にいいといわれるのかなどを詳しくご紹介したいと思います。

クレンジングバームとは?特徴を解説

クレンジングバームは、半固形のクレンジング剤です。容器に入っているときは固まった固形の形状をしていますが、手のひらや肌の上に置くと、体温でゆっくりと溶け出しオイルのように変化してしまう特徴を持っています。わかりやすいイメージでいうと冷蔵庫の中にいるときのバターとトーストしたパンの上にいるときのバターのような感じです。

クレンジングバームの正確な立ち位置はクリームタイプのクレンジング剤とジェルタイプのクレンジング剤のちょうど中間あたりに位置していますが、その効果の特徴は少し異なります。クレンジングバームはオイルタイプのクレンジング剤のように高い洗浄力を持ち、クリームタイプのクレンジング剤のように肌への摩擦力が抑えられます。肌に馴染ませやすく、扱いやすいといった点もクレンジングバームの特徴です。

クレンジングバームは肌にやさしい?

クレンジングバームはオイルタイプのクレンジング剤のような洗浄力とクリームタイプのクレンジング剤のような肌への優しさが特徴のクレンジング剤です。クリームタイプのクレンジング剤のように肌へ摩擦をかけることがほとんどないため、肌を傷つける心配がなく、肌をいたわったクレンジングを行うことができます。

しかし、クレンジング剤には必ず界面活性剤が含まれているので、どんなに肌に優しいといわれるクレンジングバームでも界面活性剤の影響を全く受けないというわけではありません。ただし界面活性剤がなければメイク落としを行うことは不可能で、必ずしも界面活性剤が肌に悪影響を及ぼすものとも限っていません。

むしろ肌を傷つけてしまう要因の多くは、肌を直接傷つける可能性の高い摩擦力です。クレンジングバームは肌と指の間で十分にクッションの役割を果たしてくれるので、摩擦力が起きにくくなっています。だからと言って長時間によるクレンジングや力強くクレンジングを行うと肌を傷つける可能性が高くなるため、適度に使用することが大切です。

クレンジングバームがおすすめな人の肌質

クレンジングバームは肌に優しく、それでいて洗浄力もしっかりと持ち合わせた優れたクレンジング剤です。その優れた作用はほとんどすべての肌質の人が実感することが可能です。もっちりとした洗い上がりを実感できるものが多いので、特に乾燥肌の人におすすめです。また敏感肌の人でも低刺激のものを選べば安心して使用することができます。

全ての肌トラブルにとってもっとも悪いのは肌の汚れをしっかりと落としきれないということです。そういう意味から考えても、クレンジングバームはしっかりとメイク汚れを落とすことができ、且つ肌を傷つける心配が少ないのですべての肌のタイプの人におすすめです。

クレンジングバームは毛穴や黒ずみケアに向いているか

クレンジングバームの洗浄力はもっとも洗浄力の強いクレンジングオイルにも匹敵するといわれるほど高いものです。もちろん使用するメーカーや含有されている成分にもよりますが、クレンジングバームを使って毛穴や黒ずみケアを行うことは十分可能です。

ただし毛穴ケアや黒ずみケアは1回行ったからといって必ずきれいにできるというものではありません。正しい方法で肌を傷つけないよう行っていくことが何よりも大切です。

クレンジングバームを使って毛穴ケア、黒ずみケアを行う場合、まず顔全体を蒸しタオルなどを使って温め、毛穴を開かせてやることが重要です。十分に毛穴が開いた肌にたっぷりのクレンジングバームを取り、小さな円を描くようにやさしく洗っていきます。洗顔時間は1分程度にし、長時間の揉みこみ、マッサージは行わないようにします。

この時に力を入れすぎたり、使用量を減らしたりすると肌に摩擦が起き、肌を傷つけてしまう原因になるので注意しましょう。
最後にゆるま湯でクレンジングバームをしっかりと落としていきます。この時に洗い残しが出ると、肌トラブルになることがあるため、十分に洗い流すようにしましょう。

洗い上がりはどんな感じ?

クレンジングバームはオイルを使ったクレンジング剤になるため、洗い上がりをしっとりさっぱりと仕上げることができます。メーカーによってはダブル洗顔不要のクレンジングバームも多く発売されており、肌に必要な油分をキープしつつ、しっかりと汚れを取り除くことが可能なものもあります。

特に乾燥肌の人がクレンジングバームを使用した場合、洗顔後に急激に水分が肌から抜けてしまう心配がないので、乾燥肌対策を行うことができます。

十分にすすぎができていない場合は、ヌメリを感じることもあるので、クレンジング後、汚れが落ちたさっぱり感と肌が柔らかくなったようなもっちり感が感じられない場合には、洗顔を行ってしっかりと肌に残っているクレンジングを落とすようにしましょう。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-毛穴のクレンジング

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.