毛穴のクレンジング

クレンジングオイルがおすすめな人【毛穴や黒ずみケアには向いている?】

投稿日:

メイクを行う女性にとって、いかにメイクをキレイに肌に負担なく落とすかというのは、ずっと考えなくてはいけないある意味、永遠のテーマです。メイクは普通の洗顔で落ちるものではなく、専用のクレンジング剤を使って落とすことができる特殊なもの。

特に最近のメイク道具は肌への密着性、カバー力、紫外線カット力、崩れにくさなど様々な高機能が追加されたものが多く、なかなか簡単に落とせるものではありません。

ただ、落としにくいものだからといってきちんと洗い切らないでいると、メイクは肌に負担をかけてしまうようになり、シミやシワ、黒ずみ、たるみなどのフケ顔の元となってしまいます。

そこで使用されるクレンジング剤ですが、種類も多くなかなかどれを使っていいのか困ってしまいますよね。洗浄力だけでいえばクレンジングオイルが最も強く、しっかりとメイクを落とすことができますが、そうなってくると今度は肌への負担が気になるところです。
今回はそんなクレンジングオイルについて詳しくご紹介しましょう。

クレンジングオイルとは?特徴を解説

クレンジングオイルは、名前の通りオイルをメインに使ったクレンジング剤です。クレンジング剤の中ではもっともメイクを落とす力が強く、ウォータープルーフのマスカラや高機能ファンデーションなどもきれいに落とすことができます。

またメイクだけでなく皮脂が酸化してできてしまった毛穴の黒ずみや、肌に付着して硬化してしまった大気中の汚染物質なども落とすことができるのがこのクレンジングオイルの特徴です。

ポイントメイク落としとしても利用されることが多く、上手に活用することで乾燥肌やニキビ肌、脂肌のケアも行うことができる優れたクレンジング剤です。

クレンジングオイルは肌にやさしい?

クレンジングオイルは肌に悪いと思っている人が非常に多くいます。確かにクレンジングオイルが注目を集め始めた最初の頃は、クレンジングオイルの正しい使い方を知らず使う人が多く、それゆえ肌トラブルを招いてしまうことがよくありました。

しかし、実際のところ正しい使い方で自分に合ったクレンジングオイルを選ぶことができれば、クレンジングオイルは肌をきれいにする強い味方になってくれるものです。

クレンジングオイルは他のクレンジング剤と比較しても圧倒的にオイル量が多く、クレンジング剤には欠かせない界面活性剤も多く含まれています。界面活性剤は肌に悪いと思われがちですが、適量を正しく使用し、使用後のケアができれば肌にとって悪いものだとは限りません。むしろ、メイクなどの汚れを肌に残してしまうほうが肌にとってはとても悪い状態です。

クレンジングオイルがおすすめな人の肌質

オイルタイプのクレンジングは滑らかなオイルがたっぷりと含まれたクレンジング剤になるため、肌滑りが非常によく、肌への摩擦も起きにくくなっています。

オイルを使ったクレンジング剤になるため、乾燥肌の人や敏感肌の人でも使うことができます。またニキビ肌の人はクレンジングオイルを避けがちですが、ニキビ肌の人でもクレンジングオイルで汚れをしっかりと落とすことが大切で、クレンジングオイル後しっかりとオイルが残らないように洗い流せば問題なく使用することができます。

他にも脂肌の人やメイク崩れが起こりやすい人にもクレンジングオイルはおすすめです。

クレンジングオイルは毛穴や黒ずみケアに向いているか

クレンジングオイルはその圧倒的な洗浄力ゆえに毛穴ケアや黒ずみケアを行うことができます。ただし、間違ったクレンジング方法を行ってしまうと肌トラブルを招いてしまうことがあるので、十分に注意して毛穴ケア、黒ずみケアを行う必要があります。

まず、注意すべき点はクレンジングオイルを使って力強く擦ったり、強くマッサージをしたりしないということです。クレンジングオイルは確かに滑らかな肌触りですが、テクスチャーがトロっとしているため、肌と指の間で十分にクッションの役割を果たさないことがあります。特に使用量が少ない場合には肌に摩擦を与えてしまうようになるので注意が必要です。

またクレンジングオイルの効果を十分に発揮するために、濡れた手などで使用しないということも大切です。濡れても使用できるクレンジングオイルもありますが、オイルの洗浄力を十分に感じるためにはやはり乾いた手と顔で使用するのがもっとも効果的です。

上記のことを踏まえたうえで、毛穴ケア、黒ずみケアを行っていきます。

毛穴ケア、黒ずみケアを行う時は、まずは毛穴を開かせて毛穴の汚れが取れやすくしてあげることが大切です。蒸しタオルなどを使って顔、手を温め、オイルが肌の上で滑りやすいようにしておきます。

たっぷりのクレンジングオイルを手に取り、ケアをしたい個所を重点的に優しく洗っていきます。この時に力を入れすぎず、また1分以内にクレンジング終えるようにします。

最後にもっとも大切なすすぎの作業を行います。クレンジングオイルが付いた顔にまんべんなくゆるま湯をかけ、優しくぬるま湯とオイルを馴染ませていきます。オイルと水が混ざり合うと、乳化という白く濁る現象が起きます。乳化したオイルを今度はたっぷりのお湯で優しくしっかりと洗い流していきます。その後通常の洗顔を行い、これで毛穴ケアの終了です。

黒ずみは角質が酸化してできているため、物や程度によっては一度で落としきれないこともありますが、続けていくうちに徐々に肌に変化を感じられます。決して無理のかからないように手順を守ってケアを行いましょう。

洗い上がりはどんな感じ?

クレンジングオイルは滑らかな肌触りが特徴のクレンジング剤です。オイルをたっぷりと使用しているため、洗い上がりは肌がしっとりとしていて、突っ張る感覚がありません。しかし一方で、きちんと洗い上げができないと肌にベタつきを感じることもあります。

クレンジングオイルを使用する場合は、オイル使用後、しっかりと乳化させた状態で洗い上げを行うことが大切です。こうすることで洗い上がりにしっとりと、そして汚れが落ちたさっぱりとの両方を実感することができます。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-毛穴のクレンジング

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.