顎ニキビ

顎周りのニキビが治らない原因は便秘だった?

投稿日:2015年11月19日 更新日:

突然ですが、あなたは顎ニキビが治らず、便秘も長く続いてはいませんか?

実は、中々治らない顎周りのニキビやフェイスライニキビは、便秘(胃腸)と関係しています。胃腸が弱ってしまったり、便秘が長続きすることで顎周りの顎ニキビができてしまうのをご存じですか?

今回は、顎周りのニキビと便秘の関係についてご紹介いたします。

胃腸の弱りは関節的に顎周りのニキビの原因と関係している

 

胃腸の弱りは、直接ニキビができる原因ではありませんが、関節的にフェイスラインや顎周りのニキビと関係していると言われています。

では、なぜ胃腸が弱ると顎周りやフェイスラインのニキビができやすくなってしまうのでしょうか?


 

1.消化不良が起きる

2.便秘になる

3.体内に毒素が溜まりニキビとなる


 

胃腸の弱りでニキビができてしまう原因は、体内に毒素が溜まってしまうからなんです。

上の1~3に書いてあるように、「消化不良が起きる便秘になる体内に毒素が溜まりニキビとなる」といった流れで、フェイスラインや顎周りのニキビができてしまいます。

便秘や冷えが続くとなぜ顎周りにニキビができるのか?

胃腸の働きが弱まると、消化不良が起きてしまいます。消化不良とは、食べた物や飲んだ物がうまく消化されない事です。

胃腸の消化不良が起きると、便秘になってしまいます。

便は、体内に不要な毒素などを排出する役割をしているので、その毒素が便秘となり体内に残ってしまうと毒素は体内にどんどん溜まっていってしまいます。

体内に溜まった毒素は、何とか体外に出ようとするのですが、便秘になってしまっているので出ることができません。

そのようなことが起きると、体内の毒素は体を巡りに巡って、毛穴から出てこようとするんです!その結果、フェイスラインや顎周りにニキビができてしまうといった事につながると言われています。

顎ニキビやフェイスラインニキビが繰り返す場合は生活習慣の見直しを

顎ニキビやフェイスラインのニキビが繰り返し発生し、なかなか治らない場合は、顎周りのニキビ対策クリームを使用する手もありますが、それと同時に食生活や生活習慣の見直しも行っていきましょう!

胃腸の働きを弱めてしまうのは、便秘にもつながり、それがニキビの原因になる可能性があることはお分かりいただけたと思いますが、胃腸の働きを弱めてしまう原因はこのようなことがあります。


 

暴飲・暴食

過労・ストレス


 

暴飲や暴食は胃腸の働きを弱めてしまう原因となります。

脂っこいものをたくさん食べたり、お酒をたくさん飲んでしまったり、冷えたジュースを大量に飲んでしまう行為は、胃腸の働きを弱め便秘や下痢になる原因となります。

また、辛い物をたくさん食べたり、あまりかまずに急いで食事をしてしまう事も、胃腸の働きを弱める原因となるので、もし心あたりがある場合は今日から少し意識して食事するようにしましょう。

このように、普段の生活習慣が顎周りのニキビやフェイスラインニキビの原因となっている可能性があります。

また、過労・ストレスも胃腸の働きを弱め、便秘や風邪をひいてしまう原因となります。胃腸の弱りは、直接的には顎ニキビやフェイスラインニキビに関係していませんが、便秘や胃腸の働きを弱めてしまうと、顎周りのニキビができやすくなり、治りずらくなってしまうということをしっかりと意識して生活すると、少しずつ改善していくことができます。

顎ニキビと便秘の関係 まとめ

  • 食べ物はよく噛んでバランスよく3食
  • 繰り返す顎ニキビは体内からの改善も大切
  • 薬を塗っても治らない場合は、生活習慣の見直しを

以上のことを意識して、顎ニキビ改善を行うことを心がけるようにしましょう。

食生活などの体内から改善する方法薬やクリームを使った体外から改善する方法を同時に行うことで、美しい美肌を取り戻すことができる可能性が大きく向上するので、今日から早速行動に移してみましょう!

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-顎ニキビ

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.