赤ニキビ

しこり(埋もれ)ニキビの原因と治し方

投稿日:2017年7月12日 更新日:

しこり(埋もれ)ニキビは男性の顎やフェイスラインにできやすいニキビで、しこりのように硬くて赤く炎症を起こしたニキビのことや、ニキビの中にヒゲや毛が埋もれているニキビのことを言います。

このページでは硬くて赤く腫れているニキビや、ニキビの中に毛が埋もれていて痛みがあるニキビの原因や治し方につかてご紹介しています!

しこり(埋もれ)ニキビを写真で見てみよう!

埋もれニキビやしこりニキビがイメージしにくい人は下の写真をみてください。
しこりや埋もれニキビの症状写真

  • ニキビのような膿があまりない
  • 指で触れてみると痛い
  • ニキビの中にうっすら毛があるように見える

上のニキビ写真の特徴はこんな感じですけど、これが埋もれニキビやしこりニキビ、埋没毛(まいぼつもう)と呼ばれる症状です。

一度できてしまうと治りにくく、赤く腫れて炎症や化膿をする場合もあるのでしっかりと治さないとニキビ跡になってしまう可能性がとても高いニキビです。

しこり(埋もれ)ニキビの原因

しこりニキビの原因は肌内部にダメージが蓄積されることにより皮膚が硬くなることです。ニキビが繰り返しできている人や長期間ニキビが治らない人、手でニキビをいじって炎症を悪化させている人がよくなってしまう症状です。

また、埋もれニキビに関しても顎ヒゲを剃ったり抜いたりして肌にダメージを与えてることにより肌が硬くなってしまいヒゲや毛が肌の表面に生えてくることができなくなってしまい、毛穴の中で炎症を起こしてアクネ菌が増殖してしまうことが原因です。

【しこりニキビができるまでの流れ】

  1. 分泌された皮脂が毛穴の中に詰まって白ニキビが形成される
  2. 皮脂を栄養源にしてアクネ菌が繁殖する
  3. 汚れを取り除けていないと炎症を起こして赤ニキビへと変化する
  4. 血液中の白血球がアクネ菌を刺激して膿を持った黄ニキビへと変化する
  5. 炎症が毛穴周辺まで進行して皮膚の表面に硬いしこりが形成される

しこりニキビや埋もれニキビの場合は汗突然できているってよりも、ちょっとニキビできたかも〜と思った数日後に大きく赤く腫れた硬いニキビに変化していることが多くなっています!

しこりニキビができやすい部位

「○○はしこりニキビができやすい部位」という目安はなく、白ニキビが形成されている場所ならば炎症が悪化して化膿し、しこりニキビへと繋がることがあります。

  • おでこ
  • 鼻の頭
  • フェイスライン

特に顔はしこりニキビができやすく、中々ニキビが治らずに何度も繰り返すことでニキビ跡がひどくなったり治らなくなってしまうな状態になりやすいので早く正しく治すことが重要です。

しこり(埋もれ)ニキビの正しい治し方

間違った処置を行っていると肌にダメージが蓄積され、色素沈着やクレーター(凸凹)といったニキビ跡へと繋がりやすくなるので注意しなければなりません。

市販薬や皮膚科で処方された薬を使う

しこりニキビや埋もれニキビは肌内部で炎症が起きている状態なので、その炎症を抑えるために市販薬や皮膚科で処方された薬使う必要があります。

市販ドラッグストアで購入できる塗り薬としては、

  • 殺菌作用を持ったオロナインH軟膏
  • 赤く腫れた炎症を抑えるクレアラシル
  • 抗炎症作用と殺菌作用を持ったペアアクネクリームW
  • 炎症を抑える効果が強いテラコートリル

この4つの塗り薬が炎症や腫れて痛みのあるニキビに有効です。

私が一番おすすめできる市販塗り薬はテラコートリルです。炎症を起こしていて痛いニキビや埋もれニキビに塗っておけば2日程度で炎症が治ってきます。

しかし、炎症があまりにもひどいと上でご紹介した塗り薬を使ってもニキビが治らないことがあります。1週間程度塗り薬を使ってみても炎症がひかないようでしたら、皮膚科で一度診察して抗生物質の飲み薬(ルリッド)と塗り薬を処方してもらった方がいいです。

皮膚科や美容皮膚科で専門的な治療を受ける

皮膚科で抗生物質の薬を処方してもらったり、美容皮膚科で専門的な治療を受けるのもしこりニキビの効果的な治し方の一つです。
美容皮膚科の場合は光線を照射して肌の再生機能であるターンオーバーを促すフラクセルレーザーや、フルーツ酸の働きで古い角質を取り除くケミカルピーリングといった方法が主な治療となっています。

エステサロンとは違って正しい知識と経験を持った医師が処置を施してくれますし、自分のしこりニキビの症状にピッタリな方法を選択すればニキビ跡への変化を食い止められるはずです。

ただし、「保険適用外の自由診療なので自費で負担しなければならない」「複数回に渡って通院しなければならない」というデメリットがあります。

自宅での正しいセルフスキンケアも重要

しこりニキビや埋もれニキビの直接的な治し方というわけではありませんが、市販薬や医療機関での治療と並行して正しいセルフスキンケアを行うのも大切です。

  • ニキビを繰り返させないために正しい洗顔で汚れを落とす
  • 化粧水や美容液で肌に潤いを与える
  • 肌に刺激が強いピーリング石鹸は使わない
  • 無意識にしこりニキビを触らないように注意する
  • 肌の回復に欠かせないビタミンやミネラルといった栄養素を摂取する

薬を塗る前に正しいスキンケアでニキビを1日でも早く治せるようにターンオーバーの乱れを整えたり、潤いを与えて保湿することがとても重要です。

顎やフェイスラインの繰り返す大人ニキビにおすすめできるスキンケアは「ビーグレン」です。ビーグレンはニキビケアセット1週間分のトライアルセットも販売しているので、ニキビに悩んでいる方は1度使ってみるべきスキンケアセットです。

また、身体の外側からの対策だけではなく、内側からのセルフケアも欠かせません。

毎日の食生活がひどく乱れている場合にはバランス良く栄養素やビタミンを摂るためにも、きらりのおめぐ実のような余計な添加物が入っていなくビタミンをしっかりと補給できるサプリメントを使うのも一つの手です。

しこりニキビは無理やり潰してもいい?

しこりニキビが大きくなって気になり、「潰せば綺麗に取り除けるのではないか?」と考えている方は多いかもしれません。

しかし、赤ニキビや黄ニキビ、しこりニキビなど炎症が悪化している状態で潰して芯を取り出すと細菌が入り込み、肌の内部が傷付けられる大きな原因となります。

潰す治し方が良いと言われているのは初期段階の白ニキビや黒ニキビで、しこりがある状態で試すのは危険なのです。

・月面のようなクレーターニキビ跡へと進行する
・肌へと穴があいて余計に見た目が酷くなる
・痛みや痒みといった症状が強くなる

医師に処置を施してもらうのならばまだしも、自己判断で潰していると上記のようなリスクがあります。

もちろん、白ニキビや黒ニキビといった状態でもコメドプッシャーや消毒用エタノール、ピンセットや滅菌ガーゼといった器具を用意して正しい方法で行わなければなりません。

潰した後の消毒は特に念入りに行わなければならず、そのまま放置していると上記でもご説明したように雑菌が患部へと入り込みやすくなります。

そのため、白ニキビにしてもしこりニキビにしても潰すという治し方は絶対に避けましょう。

【まとめ】

このページではしこりニキビが引き起こされる原因や正しい治し方について詳しく説明しました。

どんな肌質の人でも赤ニキビや黄ニキビが悪化すればしこりニキビへと進行しやすく、年齢や性別は特に関係ありません。

他の状態よりも治すまでに長い期間がかかりやすく、なるべくしこりニキビへと発展する前の段階で正しいスキンケアを行って予防してみてください。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-赤ニキビ

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.