ニキビ跡

ニキビ跡にフォトフェイシャルは効果ある?

投稿日:2016年10月3日 更新日:

フォトフェイシャル治療中の写真画像
ネットや雑誌の広告で「フォトフェイシャルでニキビを治そう!」と記載されたものを一度は見たことがありませんか?その横にビフォーアフターの写真として本当にニキビがあったのかと疑ってしまうくらいきれいな肌の写真が並べられていて、思わず2度見したという人もいるかもしれません。

嘘か本当か、まだまだあまり知られていないフォトフェイシャルについて今回はニキビ跡にどんな効果をもたらしてくれるのかについて、詳しくご紹介していきます。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルは最先端美容として今注目を集めている美容法で、切ったり縫ったりせずにお肌を再生させる美容施術の方法です。

フォトフェイシャルは、特殊な光をニキビ跡やシミが気になる部分の肌に照射することで、肌の細胞に一時的にダメージを与えて肌のターンオーバーを促進するというものです。光の色によって肌に働きかける作用が異なり、ニキビ跡治療に効果がある他、美肌効果、老化防止効果、シミ治療などがあります。

フォトフェイシャルとレーザー治療の違い

フォトフェイシャルと似た方法にレーザー治療がありますが、一般的なレーザー治療はピンポイントでレーザーを肌に照射することでシミやニキビなどを焼いて治療していくという方法で、フォトフェイシャルとは全く異なったものです。

レーザー治療が1㎝四方にピンポイントで働きかけるのに対し、フォトフェイシャルは1度の照射で顔全体に働きかけることができます。またレーザー治療では火傷を負ったようなカサブタができるのに対し、フォトフェイシャルは肌に優しい光を使用しているため術後もカサブタなどの心配がなく、普段と変わらずメイクなどを行うことができます。

フォトフェイシャルイメージ画像

レーザー治療イメージ画像

※クリックで画像拡大可能

フォトフェイシャルのニキビ跡治療にはどんな効果があるの?

フォトフェイシャルの主な効果は、肌の細胞を活性化させ、一度に複数の肌トラブルを解消できるというものです。そのためニキビ跡治療にも非常に効果が高いと言われています。

通常、人間の肌は体の基礎代謝に合わせて、肌の生まれ変わりが行われています。肌は常に古い細胞を外へ外へと排出し、肌の奥の真皮層で新しい肌を生成しています。

しかし、この肌のターンオーバーのサイクルは年齢とともに遅れていったり、不規則な食生活で乱れてしまったりします。こうなると肌はいつまでたっても古い細胞を外へ排出できなくなり、シミやニキビが肌に停滞して跡が残ってしまいます。

フォトフェイシャルを行いニキビ跡やシミなどに光をあてることで、ニキビ跡やシミにダメージを与えることができ、肌のターンオーバーが促進されるようになり、肌細胞がどんどん活性化されて古い細胞がしっかりと外へ外へと排出されるようになっていきます。

その結果、ニキビ跡が徐々に薄くなり、目立たなくしたり消したりできるという効果が現れるようになります。

フォトフェイシャルはどこで受けられるの?

フォトフェイシャルの医療機関受付画像
フォトフェイシャルは医療機関でしか受けることのできない光治療です。

フォトフェイシャルというとエステやサロンをイメージする方が多いと思いますが、フォトフェイシャルは医療機関でしか行うことのできない光治療となります。

しかし、「エステやサロンでもやってるっていう広告見たことある!」と思う方も多いはずです。

実は、エステやサロンでも「フォトフェイシャルもどき」は受けることが可能です。エステやサロンでは、フォトフェイシャルとは表記せずに「フォト〇〇」「フェイシャル〇〇」と名前を変えて行っています。

医療機関のフォトフェイシャルとエステは何が違うのか?というと、光の強さです。医療機関でしか受けることのできないフォトフェイシャルは光治療の光が強く、効果もしっかりと実感できるのに対し、エステの場合は光が弱く効果を実感するまでに時間がかかるということです。

フォトフェイシャルはどれくらい受ければ効果が表れる?

フォトフェイシャルはニキビ跡を治療しながらさまざまな美肌効果が得られる美容法として人気の施術ですが、その効果が現れるまでに時間がかかるとされています。

一般的にフォトフェイシャルを使ったニキビ治療で早くても効果が出るようになるまでに3ヶ月前後かかるとされています。これはニキビの程度にもよりますが、フォトフェイシャルの施術の特徴によるところもあります。

フォトフェイシャルは1回施術を受けると、その次の施術を受けるまでに2~4週、間を開けなくてはならないとされています。フォトフェイシャルは肌へのダメージを最小限押さえた光を肌に照射していますが、短い間隔で肌に照射し続けてしまうと肌の細胞に負担を与えてしまいます。そうなると治療完了までに時間が必要になり、最低でも3ヶ月前後はかかってしまうというわけです。

また、ニキビ跡の程度が真皮層にまで達している場合、肌が受けているダメージが大きいため治療にもっと時間がかかってしまいます。実際にどれくらいでニキビ跡治療が完了するのかを知るためには、一度専門の機関に相談することが必要です。

回数の目安

医療機関でフォトフェイシャルを受ける場合には、1回受けた時点でそこそこ効果を実感できます。だいたい3回程度受ければシミやニキビ跡、赤ら顔のほとんどが目立たなくなりはっきりと効果を実感できます。

エステなどで受ける場合には、光治療の光が弱いため約1年程度は覚悟しておいたほうがいいです。回数も6回程度受けてやっと目立たなくなってきたかなーといったレベルです。

フォトフェイシャルのメリットとデメリット

フォトフェイシャルは肌を根本的に改善してくれるので、繰り返しできるニキビや頑固なニキビ跡に効果的な美容法です。またニキビ跡治療を行いながら同時に、肌質の改善や美肌効果を行うこともできます。フォトフェイシャルの施術自体も、すっぴんの肌に光を当てるだけで行うことができるため非常に手軽に利用することができます。さらにレーザーのように術後の肌にカサブタができたりなどの心配もありません。非常にメリットの多いフォトフェイシャルですが、一方でデメリットもあります。

デメリットとしてはフォトフェイシャルは即効性がないので、なかなか肌の変化を実感しにくい点があります。効果を得るためには複数回、施術を受ける必要があり、ニキビ跡の程度によっては1年以上通わなくてはいけないこともあります。また1回施術を受けると次の施術まで2~4週間程度、間隔を開けなくてはいけません。

フォトフェイシャルでのニキビ跡治療は、メリット、デメリットをしっかりと把握したうえで、効果的に治療を行っていくことが重要です。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-ニキビ跡

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.