ニキビ跡

色素沈着してしまったニキビ跡を綺麗に消して治す方法

投稿日:

ニキビの嫌なところはニキビができてしまった時もそうですが、ニキビが落ち着いてきた後にできるシミのようにいつまでも赤みが消えない色素沈着もあります。

赤く腫れあがって痒みや痛みを伴うニキビとは違い、何の症状もなくニキビが治ってきている最中だと思って放置しておくとどんどんと茶色いシミのようになることもあるので注意が必要です。

今回は、ニキビ跡の色素沈着の原因や治し方(ケア方法)をご紹介します。

 

ニキビの色素沈着の原因と種類

ニキビができた後にできてしまう色素沈着ですが、シミのように色素沈着を起こすニキビと何事もなかったようにきれいに治るニキビとあって、なぜ色素沈着が起こるのか不思議に思う人も多いのではないでしょうか?

色素沈着とは肌にできたニキビの炎症、傷などがシミのように残ってしまう状態のことです。

ニキビが繰り返し同じ場所に何度もできるようになると、その皮膚深層部にまでダメージが届くようになり肌の組織はこれ以上ダメージが進行しないようにメラニンを生成しシミを作って肌を守ろうとします。

この時に肌のターンオーバーのサイクルが正常であればこのシミは自然と表皮に押し出され垢となって排出されるのですが、ニキビ肌で体力を消耗した肌はターンオーバーのサイクルが乱れてしまっているためシミが肌に沈着してしまうようになります。

色素沈着の色には何種類かあります。代表的な3種類を見ていきましょう。

赤色っぽくなるニキビ跡(初期段階)

色素沈着の中でもニキビが治ったにもかかわらずいつまでも赤みだけが残った状態の色素沈着のタイプのものは、ニキビが炎症を起こした際に毛穴の周りでうっ血が起こっているものになります。色素沈着の初期の段階になります。

紫色、赤黒になるニキビ跡(中期段階)

赤くなるニキビの跡になりやすいのが紫色、赤黒っぽい斑点のような色素沈着です。ニキビの炎症によるダメージを肌内部の細胞や血管が受けることで毛細血管から血がにじみ出てしまっている状態です。色素沈着の中期の段階になります。

茶色っぽくなるニキビ跡(最終段階)

色素沈着の最終段階で、肌がメラニン色素を大量発生させシミを作っています。ニキビ肌で体力を消耗した肌はこのシミを排出することができず、肌内部にとどまってしまうため頑固なシミとなり治療が難しくなってしまいます。

ニキビの色素沈着を消すためのメカニズム

ニキビの色素沈着を消すためにはまずはそのメカニズムを知ることが重要です。肌はおよそ30日程度のターンオーバーのサイクルがあり、生まれ変わりを繰り返しています。

通常であれば肌のターンオーバーのサイクルが正常に働くことで色素沈着もきちんと体外に排出されきれいな肌に戻ることができるのですが、加齢やストレス、新陳代謝の低下、ホルモンバランスの乱れなどさまざまなことが原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと正常な働きができなくなってしまいます。

ニキビの色素沈着を解消するためにはまず、このターンオーバーのサイクルを整えてあげることが必要です。

ホームケア(自宅)で色素沈着を治す方法

色素沈着を消すためには肌のターンオーバーを促進してあげながら肌の修復力を高めてあげることが何よりも大切なことです。色素沈着を消す方法のなかでも普段の生活の中で自宅で簡単に行えるものもいくつかあります。

特に色素沈着の初期の段階や中期の段階であればホームケアだけでも十分に消すことができます。そんな自宅で簡単に行える色素沈着を治す方法をいくつかご紹介します。

角質ケア洗顔で色素沈着対策

色素沈着の原因の一つである肌のターンオーバーのサイクルの乱れを整えてあげることが何よりも大事な方法です。ターンオーバーを促進する方法のには角質ケア洗顔があります。

角質ケア洗顔、ピーリング洗顔などと言われることもありますが、ピーリングは乱れている肌のターンオーバーのサイクルを強制的に促進する方法のことです。

市販されているピーリング剤の多くは洗顔タイプのもので角質層の奥までケアできる洗顔を行うことで古い角質を取り除くことができるというものです。

フルーツ酸や酵素、AHAなどが含まれたものを使用することで肌に負担をかけずにピーリングを行うことができます。

ただしピーリングの行い過ぎは帰って肌を傷つける原因になりトラブルを招いてしまうこともあるので注意しましょう。

ビタミンC配合の化粧水で色素沈着対策

色素沈着の初期段階であればビタミンC配合の化粧水などを使用してスキンケアを続けることで薄くすることができます。ビタミンCには皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える効果があり、メラニンの働きを抑制してくれる働きもあります。

ビタミンC含有量の高い化粧水や美容液、お肌への浸透が高いビタミンC誘導体を配合した化粧水なども効果的です。

ビタミンCを多く含んだ化粧水などを使用しながら、さらにセラミドやヒアルロン酸などを含んだ乳液を使用することでニキビ予防にもなり、保湿がしっかりと行えるので肌細胞に栄養がいきわたるようになります。

イオン導入の美顔器などがあれば使用することでよりビタミンCの浸透が高まります。

生活習慣を治して色素沈着対策

いくら高性能な化粧水やピーリング剤を使用しても肌本来が持つターンオーバーの機能や再生機能が高まらなければ色素沈着がなかなか消えないことも多々あります。

そこで関係しているのが生活習慣です。ニキビができてしまった時もそうですが、生活習慣が肌に与えるストレスは私たちが考える以上に大きく、生活習慣を見直すことで早く改善することもあります。特に肌のゴールデンタイムと言われている22時から2時に眠っていることが大切です。

十分な睡眠時間の確保、便秘の改善、血行不良の改善、運動不足の解消、栄養バランスのいい食事の摂取など、これらの改善を図るだけでも肌の機能が向上し、色素沈着を防いでくれるようになります。

食生活を治して色素沈着対策

肌のターンオーバーを促進する食事を摂ることで肌の再生機能が高まり色素沈着が早く解消します。肌のターンオーバーを促進する食べ物にはタンパク質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルの摂取が必要です。

特にタンパク質は皮膚や髪の毛、筋肉などを作るのに必要な栄養素です。大豆製品や鶏肉、魚、チーズなどの良質なタンパク質を積極的にとることで肌細胞が活性化されます。

皮膚科で色素沈着を治す方法

色素沈着が進行してしまうとホームケアではなかなか解消させることが難しくなります。またホームケアでは非常に時間がかかることもあり、正しくケアが行えないと肌を悪化させてしまうこともあります。そういった時におすすめなのが皮膚科で治療する方法です。

皮膚科での色素沈着解消の治療方法は最先端技術を駆使したさまざまな方法があります。ほとんどの治療方法が保険適用外で費用は高くなるものの、その分結果が出る治療を行うことができます。皮膚科で行われている一般的な治療方法をいくつかご紹介します。

ケミカルピーリング

酸性のピーリング剤を肌に塗布し、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓を除去する方法です。余分な角質を取り除くことで肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバー機能を促進させ新しい肌の再生を促します。

ケミカルピーリングで主に使用される薬剤にはグリコール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、AHAなどがあり、医師の診断の元で最適な薬剤を使用して行われます。

フラクセルレーザー

フラクセルレーザーは肌の深部まで作用して色素沈着などダメージを受けた肌を新しい肌へと入れ替えるレーザー治療法です。専用の装置で発生させた光を肌に当てることで皮膚細胞が刺激を受けコラーゲンを増やすようになります。増えたコラーゲンが肌を押し返すようになり、肌のターンオーバー機能が活性化されるようになります。

フォトフェイシャル

皮膚科やエステなどでもよく使用されている色素沈着解消治療法です。肌に特殊な光を当てることで美白効果が期待できます。光の色を変化させることでニキビ菌を撃退させることやニキビで起こった炎症を鎮静させることも可能です。肌の真皮層に働きかけコラーゲンやエラスチンを増やすタイプのものもあります。

ニキビでできた色素沈着解消には内と外から対応を!

ニキビでできてしまった色素沈着は通常のシミとは違いなかなか消えにくいという特徴があります。またニキビがあった箇所に紫外線を浴びることで弱った肌がシミを作りやすくなっています。

色素沈着解消法をいくつかご紹介しましたが、ホームケアと生活習慣改善に合わせて月に一度のケアとして皮膚科に通うようにすれば確実に色素沈着を解消できる肌を手に入れられるようになります。

またこれ以上色素沈着を増やさないためにも日ごろから紫外線ケアを行うなど対策を考えるようにしましょう。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-ニキビ跡

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.