大人ニキビ 化粧水

思春期ニキビの治し方と化粧水の選び方

投稿日:2016年2月8日 更新日:

10代の頃にできるニキビをよく思春期ニキビと言いますが、思春期ニキビと大人になってからできる大人ニキビとではニキビができる原因や治し方、治療に使われる方法も異なることをご存知でしょうか?

同じニキビだからとケアの方法も一緒にしているとなかなか治るものも治らなかったり、場合によっては悪化してしまうこともあります。

今回は、思春期ニキビの原因や治すために効果的な化粧水の選び方をご紹介します。

思春期ニキビとは?原因は?

思春期のニキビの原因

成長期を迎えた10代の頃にプツプツと顔にできるようになるのが思春期ニキビです。10代の頃の成長期は第二次成長期と言われるもので男性ホルモン、女性ホルモンの分泌が活発に行われるようになります。

このころのホルモンバランスはまだ発達途中ということもあり、ホルモンバランスが乱れがちです。その結果皮脂量が増えてしまい、まだ小さい毛穴に皮脂が詰まってしまうことでアクネ菌が増えできてしまうのが思春期ニキビの原因となります。

言い換えれば思春期が終わりホルモンバランスが落ち着いてくると、皮脂量も過剰に分泌されることがなくなりニキビも自然と治ってきます。しかし、放置しておくことでニキビが肌の奥深くにまでダメージを与え取り返しのつかない状態(ニキビ跡)になってしまうこともあります。

思春期ニキビはTゾーンと言われるおでこから鼻先にかけて集中してできやすいものです。大人ニキビは生活習慣の乱れやストレス、乾燥肌などが原因でできることが多く、出来る箇所も口回りや顎といった箇所にできやすい特徴があります。

思春期ニキビと大人ニキビとではできる原因もできる箇所も異なるので、治療方法も違ってくるということになります。

思春期ニキビを治す自宅ケア方法

思春期ニキビを自宅でできるケア方法

思春期ニキビの場合、ニキビの原因となっているものが皮脂の過剰分泌なので、きちんとしたケアを行うことでニキビを治すことが可能です。石鹸や洗顔料を使い過剰に分泌されてる皮脂や皮脂についた汚れをきちんと落とすことで、ほとんどのニキビが治ってしまいます。

ただしここで気を付けなくてはならないのが、ゴシゴシとこすったり、洗いすぎたりしないことです。過剰な刺激や必要以上に皮脂を落としてしまうと肌が敏感になりニキビが悪化してしまうことがあります。洗顔は優しく丁寧に泡で洗うように行うようにしましょう。

思春期ニキビを治すポイント

  • 洗顔は1日2回から3回まで
  • 洗顔は優しく、泡で洗うように行う
  • 額の生え際などはしっかりと石鹸を落とす
  • 髪の毛などが肌に当たることで肌が敏感になるので清潔を保つ
  • 洗顔後は化粧水、保湿をしっかり行う

思春期ニキビに効果的な成分

ドラッグストアなどに行くとさまざまなニキビ用の化粧水や洗顔料などがありますが、なかなかどれが思春期ニキビに効果的な成分なのかはわかりにくいものです。どういった成分や化粧品が有効かを知らずにピーリング剤などを購入し思春期ニキビ肌に行ってしまうことで悪化してしまうこともあります。

ではどのような商品、どういった成分が思春期ニキビ肌には有効なのかご紹介します。

  • 甘草エキス
甘草エキスは甘草エキスから抽出したものでニキビの炎症を止める作用があります。即効性があり、天然成分なため肌に負担をかけることなくニキビケアをすることができます。

また甘草エキスに含まれる副腎皮質ホルモン性の作用が新しい皮膚を作る働きがあり、ニキビで傷ついた肌の修復を促します。

  • グリチルリチン酸
甘草の根に含まれる有効成分で人工的に生成されることもあります。強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つ成分ですが、摂取しすぎると肌に負担がかかることもあります。ニキビの炎症を抑えることに特化しており、思春期ニキビに対して効果的です。

  • ドクダミ
ドクダミには血流を促進させ新陳代謝を促す作用やニキビの原因となる毛穴詰まりを防いでくれる作用があります。さらに優れたデトックス効果があり、抗菌作用もあるのでニキビの炎症を抑え、アクネ菌を減少させてくれる効果があります。

  • イソフラボン
大豆などに含まれるイソフラボンには乱れてしまったホルモンバランスを調整する役割があり、ニキビにも効果があります。思春期ニキビの原因は成長期の時に乱れてしまうホルモンバランスが影響しています。

そのホルモンバランスを調整し、過剰な皮脂の分泌を抑制する役割があります。

  • ビタミンC
美肌効果、美白効果が非常に高いビタミンCですが皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビの炎症を抑制する働きもありニキビに効果的です。また肌の生成に欠かせないコラーゲンを作る際に必要な栄養素でもあります。

  • オウバクエキス
オウバクエキスはキハダと言われるミカン科の樹皮から抽出されたエキスです。

キハダの樹皮は医薬品として使われることも多く、胃腸機能促進効果や抗菌作用、下痢止め、整腸作用などが知られています。オウバクエキスにはニキビの発生原因となるアクネ菌の殺菌、保湿効果、肌荒れ予防、ニキビ改善効果などがあり、肌に対して刺激が少ない特徴があります。

  • ビタミンB6
お肌の生成に欠かせない成分にビタミンB群があります。ビタミンB群はどれもニキビに対しての効果も高く、美肌を築くために不可欠な成分ですが、特にビタミンB6は皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあり思春期ニキビには欠かせない成分です。

  • イソプロメチルフェノール
ニキビ薬に多く使用されている成分で殺菌作用の強いものです。アクネ菌の発生を抑え、抗真菌作用がありニキビケアに対して非常に効果的です。ただ刺激が強すぎることもあるので含有量の多いものは注意が必要です。

思春期ニキビにはどのような化粧水を使えばいいのか?

思春期ニキビに使う化粧水

思春期ニキビに対して有効な成分をいろいろとご紹介しましたが、いざ化粧水を選ぶとなるとたくさんあるニキビ化粧水の中からどういったものがいいのか困ってしまうこともあります。

もちろん、紹介したような成分が含まれているものを選ぶに越したことはありませんが、アルコールが含まれたものや極度に刺激が強いものはニキビを悪化させてしまうこともあります。

思春期ニキビの特徴をよく考慮したうえで、洗顔やスキンケアに重点を置くようにし、化粧水でしっかりとニキビを抑えつつ保湿ができるものを選ぶことが重要となります。

パッチテストなどを行い、ヒリヒリとするような刺激が強いものは避けるようにし、低刺激で肌の水分バランスを保てるようなものを選ぶようにしましょう。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-大人ニキビ 化粧水

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.