大人ニキビ 原因

繰り返す大人ニキビの原因【正しいケア方法で改善する】

投稿日:2016年12月11日 更新日:

いつも同じ場所にできてしまう大人ニキビや繰り返し色々な箇所にできてしまう大人ニキビは多くの女性や男性が悩みを抱えているお肌のトラブルとなります。

20代後半からできやすくなる大人ニキビは、炎症が悪化しやすく正しいケアをしなければ「ニキビ跡」になってしまうこともあります。ニキビ跡にはクレーターや赤く色が残ってしまうタイプと様々あります。

繰り返す大人ニキビをしっかりと予防して繰り返させず、ニキビ跡にもしないために今回は繰り返しできてしまう大人ニキビの原因やそのケア方法についてご紹介していきます。

大人ニキビが繰り返しできる原因

大人ニキビが繰り返しできる原因は大きく分けると3つあります。

1ストレス・食生活の乱れ
2運動不足・代謝の低下
3スキンケア不足

繰り返し大人ニキビができている方は、この3つのどれかに当てはまっている人が多くいます。

また、大人ニキビが繰り返しできる場所によってその原因が少し異なってきます。顎やフェイスライン、首などに繰り返しニキビができる人はストレスや食生活などの生活習慣の乱れが原因となっていることが多く、おでこにニキビが繰り返しできる人はスキンケア不足が原因となっていることが多くなります。

大人ニキビの中でも最も繰り返しできやすい「顎(フェイスライン)」と「おでこ」のニキビについてもう少し具体的に見てみましょう。

顎(フェイスライン)のニキビが繰り返す原因

繰り返しできてしまう大人ニキビに悩んでいる人で多いのが、顎や首、フェイスラインにできるニキビです。

フェイスラインにできるニキビは比較的大きくてしこりのように硬いタイプのニキビが多く治りずらいのが特徴です。このようなニキビの原因は生活習慣が深く関係しています。

生活習慣の乱れは大人ニキビを繰り返し発生させる

生活習慣を細かく分けると「食生活」「ストレス」「睡眠」「運動」があります。これらの生活習慣が乱れると、ニキビが繰り返しできやすい環境にしてしまいます。

食生活とニキビの関係

食生活が乱れるとニキビが繰り返しできる確率がグンッと上がります。特に次のような食生活を送っている人は注意が必要です。

糖質の多いスイーツなどが大好き
脂っこい食事が好き
コンビニや外食が多い

このような食事を毎回繰り返していると、ニキビは中々治りませんし予防することもできません。

甘いスイーツや甘いカフェオレなどが大好きで1日に人より多く食べている人は、糖質をエネルギーに分解するために体内のビタミンが多く消費されてしまいます。

そのためビタミン不足になってしまい、お肌にニキビができてしまうんです。

焼肉や揚げ物などの脂っこい食事も同じです。脂の多い食べ物を食べすぎると体内のビタミンが減少してしまったり、普段より多くの皮脂が分泌されて毛穴がつまりニキビとなってしまいます。

食生活はバランスの良い和食を心掛けることがニキビ予防への第一歩となりますし、健康的にもよい食事だということができます。脂っこい食事や甘いスイーツなどを食べ過ぎてしまった場合は、次の日の食事に気を使いしっかりとビタミンが補給できる食べ物を摂ることが重要です。

ニキビ予防にいい食べ物

納豆・マグロ・卵に含まれるビタミンB群

ビタミンBが豊富なのでお肌の健康を維持する役割をする。肌に栄養素を運ぶ役割をしているビタミンBが体内で減少すると肌に栄養が行き届かずニキビができてしまうので甘いスイーツや脂っこい食事をした後には特に意識して取り入れたいビタミンです。

赤ピーマン・アセロラジュースに含まれるビタミンC

赤ピーマンやアセロラジュースのようにビタミンCが豊富に含まれている食べ物や飲み物を取り入れることで、ニキビの炎症を抑えてターンオーバーの手助けする役割をしてくれます。またニキビ跡予防にもいいビタミンなのでニキビに悩んでいる方は積極的に取り入れたいビタミン。

豆乳は生理前におすすめ

豆乳に含まれるビタミンEは血行を良くする働きがあり、さらに豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするためホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。生理前後にホルモンバランスが急激に乱れる女性は豆乳を少し取り入れてみるといいでしょう。

ストレスと大人二キビの関係

ストレスはニキビに限らずお肌の大敵となります。

ストレスを長期間感じることで、男性ホルモンやアドレナリンが多く発生します。男性ホルモンやアドレナリンが多く出ると皮脂の量が増えるため毛穴が詰まってしまったり、ターンオーバーが乱れてしまい大人ニキビの原因となってしまいます。

ストレスとニキビはそこまで関係ないと思う方もいいのですが、ストレスのない生活をすると見違えるほどニキビが予防されたという方もいるのでストレスは定期的に発散するように心がけましょう。

運動不足による代謝の低下

運動不足であったり、代謝や血行が低下することも大人ニキビの原因となってしまいます。

肌にたまった老廃物は基本的に毛穴から汗となって排出されます。運動不足で汗をかかない生活をしていると毛穴が細く弱くなってしまうため、汗をかいたときに皮脂などが毛穴につまってしまいニキビになってしまうんです。

また、血行が悪くなっているとお肌に必要なビタミンをしっかりと届けることができなくなったり、老廃物を肌の外へだしずらくなってしまうため定期的な運動や入浴時に顔を優しくマッサージして代謝や血行をよくするように心がけることが重要です。

おでこのニキビが繰り返す原因

繰り返す大人ニキビの代表的部位の2つ目は「おでこ」です。

顎やフェイスラインにできるニキビに比べて、ぶつぶつとした細かいニキビが数多く発生する特徴があります。おでこに繰り返しできるニキビは食生活やストレスといった生活習慣よりも、スキンケア不足が原因でニキビが繰り返しできてしまっている場合があります。

1 洗顔で余計に刺激を与えている
2 保湿がしっかりできていない
3 シャンプーの流し残しや髪の毛による刺激

このようなスキンケアをしていると、おでこに繰り返しニキビができてしまう原因となってしまいます。

洗顔で刺激を与えている・洗いすぎ

洗顔石鹸をしっかり泡立てないまま顔を洗っている方や、しっかりと泡立てていてもゴシゴシとニキビが気になるところを洗っていては逆効果になってしまいます。

すでにニキビができているところをゴシゴシと洗うとニキビに刺激を与えてしまい余計に悪化する可能性もあります。洗顔はしっかりと泡立てた石鹸を転がすように優しく洗うようにしましょう。

また、洗顔石鹸は余計な成分を配合していない「洗う」ことだけにとっかした固形石鹸がおすすめです。

保湿ができていない

化粧水や乳液をたっぷり塗れば保湿はできているでしょ?と勘違いしている人は要注意!

実は化粧水は保湿の役割はあまりありませんし、乳液も配合成分をしっかり意識しなければ意味がありません。化粧水を使用する目的は保湿ではなく、毛穴の引き締めは肌を整えることを目的として使用します。

化粧水はビタミンC誘導体配合の商品を使用することで毛穴を引き締める効果が期待でき、さらにニキビ跡改善にも期待できます。そして乳液はお肌内部の水分を蒸発させないようにするために使用します。

一般的な乳液は水と油を配合してつくられている商品なので、乳液を顔に塗ると肌表面に脂の膜ができるため一見保湿できたかのように感じますが、これでは肌内部の水分はどんどん蒸発してしまいます。

肌の水分量を保つためにも、セラミドやヒアルロン酸、水素添加大豆レシチン、コラーゲン配合の乳液やクリームを使用することで、しっかりと「保湿」をすることが可能になります。

シャンプーの流し残し・髪の毛による刺激

女性に多いおでこニキビの原因は、シャンプーのすすぎ残しや髪の毛がチクチクとおでこにあたり刺激を与えてしまっているパターンです。

シャンプーを洗い流す際に顔やおでこにシャンプーの成分が付着しているのにも関わらず、顔をすすぎ流さないとニキビができてしまう原因となります。シャンプーをして髪を洗い流した後は、お風呂から出る前にもう一度ぬるま湯で顔をすすぎ流しましょう。

また、前髪のある女性でおでこニキビが気になる方は一度前髪を上にあげておでこに髪の毛が触れない髪型にしてみることで、ニキビを予防につながります。

あまりにも繰り返すなら皮膚科で診察を受けよう

ストレス解消や食生活の改善、必要なビタミン補給や睡眠などしっかりと心がけていて、さらに保湿や洗顔などのスキンケアもしっかりと行っているのにも関わらず大人ニキビが繰り返しできて悪化している状態の場合は、一度皮膚科にて診察をしてもらうようにしましょう。

生活習慣やスキンケア以外の部分に原因のある可能性もありますし、あまりにもひどい場合は一度医療機関に行くことで悪化を防ぎ原因を突き止めることが可能になります。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-大人ニキビ 原因

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.