ニキビ跡

ニキビやニキビ跡に日焼け止めは塗ってもいいの?悪化しない?日焼け止めの選び方

投稿日:

ニキビ肌やニキビ跡で悩んでいると、ついつい日常のちょっとしたことがどんな影響を与えるのか心配になります。特にニキビは肌の清潔を保つことが重要とされているので、肌に触れるものには神経をとがらせますよね。そこでどうしても悩んでしまうのが、ニキビ肌への紫外線対策。

紫外線はニキビに非常に悪いとされていますが、だからと言ってニキビ肌に日焼け止めを塗るのもすこし勇気がいるものです。今回はそんなニキビ肌に日焼け止めを塗っても大丈夫なのかということについて詳しく解説をしたうえで、どんな日焼け止めなら安心して使用することができるのかをご紹介したいと思います。

ニキビ肌やニキビ跡に日焼け止めを塗ってもいいの?

では、そもそもニキビ肌やニキビ跡に日焼け止めを塗ってもいいのかどうかについて詳しく解説しましょう。

まず結論から言うと、ニキビ肌やニキビ跡にも日焼け止めは必要です。紫外線はニキビにとって悪いものでしかなく、ニキビを作る原因で、ニキビを悪化させる原因でしかないからです。

多くの人がニキビ肌に日焼け止めを塗ると、毛穴が塞がれてしまってニキビが悪化すると考えていますが、日焼け止めはあくまでも肌を紫外線から守るものです。日焼け止めを塗ってニキビが悪化した経験があるという人もいるようですが、その場合原因はもっと他にあると考えられます。

紫外線を肌が浴びると、大量に活性酸素が発生し、毛穴に詰まった皮脂を酸化させてしまいニキビの炎症を引き起こしてしまうようになります。日焼け止めは肌にヴェールをはることで紫外線を跳ね返す役割を持ち、炎症を引き起こす原因を防ぐ役割を果たします。

日焼け止めでニキビは悪化しない?

日焼け止めを塗ってニキビが悪化したという人がいますが、その場合の原因は日焼け止めが肌に合わないことや塗った日焼け止めがきちんと落ち切っていないということが考えられます。

強い日焼け止めを使用している場合、肌に常に刺激を与えていることになり肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。肌に刺激を与える成分には油分や添加物、化学物質、紫外線吸収剤、香料、着色料、アルコールなどがあります。これらの成分を多く含んだものは肌に負担を与えてしまい、結果的にニキビを作ってしまう原因になります。

また日焼け止めは肌への密着感が非常に高いため、なかなか顔を洗っても落ち切らないことがあります。落としたと思った日焼け止めが肌に付着し続けることで、毛穴詰まりの原因となりニキビの要因へと発展してしまいます。日焼け止めを使用した場合は、洗いすぎて肌を傷つけない程度にしっかりと日焼け止めを落とすことが必要です。

この2点を守った日焼け止めを使用することで、ニキビを悪化させることなく紫外線から肌を守ることが可能です。

ニキビでも安心!日焼け止めの選び方

肌への刺激が少なく、しっかりと紫外線を予防してくれ、簡単に洗い落とすことができる日焼け止めこそがニキビ肌でも安心して使用することができる日焼け止めですが、実際に日焼け止めを選ぶのはそう容易ではありません。なかなか素人が成分表を見て、何が肌にいい成分、何が肌に悪い成分などと分かるものではありませんよね。また日焼け止めによってはそういった成分表示がしっかり行われていないものもあります。ではどういった点に注意して日焼け止めを選べばいいのでしょうか。

SPFの強さに注意する

日焼け止めに必ず表記されているのがSPFという文字です。SPFはサン・プロテクション・ファクターの略称で、UVBと言われる紫外線B派をカットできる時間を数字で表記したものです。SPF1はUVBをおよそ20分間カットできるということになるので、SPF50と記載されているものは20分×50でおよそ16時間半UVBをカットできるという意味になります。

ニキビ肌の場合、このSPFが20~30と記載されているものが肌に最も負担をかけないと考えられています。メイクでもそうですが、長時間同じメイクを施したままだと肌から分泌される皮脂と塗ったものが混ざり合い、ニキビを悪化させやすい状態になってしまいます。こまめに肌に塗布することで肌への負担を軽減できます。

PAの表示に注意する

SPFと同様に必ず記載されているのが、PA。PAはプロテクション グレイド オブ 紫外線A派の略称で、肌を黒くしてしまうUVAを防止する効果を+(プラス)で表示したものです。表示は4段階に分かれていて、一般的な効果のあるもので+が1個表示、非常に効果が強いもので+が4個表示になっています。

最近では肌への負担を軽減したもので+4個表示のものもありますが、ニキビ肌の場合、PA++くらいまでの表記のものを目安に日焼け止めを選ぶと肌への負担を軽減できます。

表示成分で日焼け止めを選ぶ

素人が見てもわかりにくい表示成分ですが、ニキビに大きく影響する成分さえ押さえておけばある程度日焼け止めを選ぶことが可能です。

まず注意しなくてはいけないのがニキビを発症させるアクネ菌のエサとなる油分の含有です。油分の多い日焼け止めはニキビを一気に悪化させる原因になってしまいます。油分が入っていない「オイルフリー」の日焼け止めや「ノンコメドジェニック」の日焼け止めを選ぶことが重要です。

また肌への刺激が少ない日焼け止めを選ぶことも重要です。特に紫外線吸収剤は肌に負担をかけやすいだけでなく、ホルモン異常やアレルギーの原因になることもあります。「ノンケミカル」や「ケミカルフリー」「吸収剤フリー」などと表記されたものを選ぶようにしましょう。

表示成分がよく分からない場合には敏感肌用に作られた日焼け止めをお勧めします。敏感肌用に作られた日焼け止めは、低刺激なのでニキビ肌で使用してもニキビが悪化しにくい傾向にあります。

日焼け止めを使用する際はテスティングを行い、肌へ使用するようにしましょう。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-ニキビ跡

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.