大人ニキビ サプリメント

ニキビサプリメントの飲みすぎは逆効果?副作用はある?ビタミンはバランスよく摂る

投稿日:

ニキビを早く治したいときに、美肌にいいからと一度に大量のサプリメントを摂取していませんか。サプリメントはたくさん飲んだ方がすぐに効果が出るのではと多くの人が思っているかもしれません。

サプリメントは薬とは違って体にいいものというイメージが強く、安易に飲んでしまいがちですが、果たして本当にそうでしょうか。今回はそんなサプリメントに対する疑問についてお応えすべく、飲み過ぎると逆効果なのかどうかや副作用についてどうなのかといった点について詳しくご紹介したいと思います。

サプリメントやビタミン剤を適量より多く飲むとニキビが早く治るの?

早くニキビを治したいという気持ちが強くて、一度に大量にサプリメントを摂取してしまったり、一日に何度も同じビタミン剤を摂取してしまったりという経験ありませんか。

一度は誰もが行ってしまう、この体にいいものだから大量に摂取しようという行動ですが、しかしどんなに体にいいものだとしても、大量摂取が本当に体にいいとは限るものではありません。つまり、一度に大量に栄養素を摂取しても、それではやくニキビが治るわけではないんです。

ニキビはニキビの原因菌である、アクネ菌が大量に増殖することで皮膚に炎症が起こり発生する皮膚の病気です。

ニキビが発生するまでの過程には、アクネ菌のエサとなる要因の発生→アクネ菌がエサを食べる→アクネ菌が増殖する→目に見えない黒い斑点ができる(ニキビ超初期段階)→白ニキビの発生(ニキビの初期段階)→赤ニキビの発生(一般的にニキビと言われるもの)→黄ニキビの発生(膿が出た状態)→紫ニキビの発生(最悪化状態)→ニキビ跡とすぐにニキビが発生するわけではなく、ある程度時間と過程を要するようになっています。

ある日急にできたと感じるニキビですが、これだけの過程を得て発生しているものを手術などの患部を取り除く以外の方法で急激に治療することは非常に難しいものです。

ニキビ発生までに段階があるように、ニキビが完治するまでにもそれなりに段階が必要になります。

ニキビが完治するまでの段階には、肌の清潔が保たれる→アクネ菌が減少する→肌が持つ治癒力で炎症が治まる→肌が新しい細胞へと変わる→ニキビの完治の流れがあります。ニキビ発生の段階よりも短いように感じますが、実は完治までの段階のほうが一つ一つで非常に時間を必要とします。

こういった段階を必ず踏まなくてはいけない以上、どんなにサプリメントを大量に摂取してもほとんど意味がないというわけです。

サプリメントを飲みすぎるとどのようなデメリットがあるの?

サプリメントを大量に摂取してもあまり意味のないことが分かりましたが、それではサプリメントを飲み過ぎるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

人間の体には排泄する機能と蓄積する機能の2つの機能が携えられています。

排泄する機能は、必要以上に摂取した栄養素を使いきれずに体が破棄してしまう機能です。特にビタミンAやビタミンBなどは必要以上に摂取しても、体に蓄えることができないので、尿と一緒に排出されてしまいます。

蓄積する機能は、細胞が処理しきれないほどの栄養素を吸収した際に、予備畜として体に蓄えておく機能です。分かりやすい例では脂肪がそうで、大量に摂取した栄養素を体が飢餓になった時のために蓄えるため、脂肪が体にどんどんついていくようになります。

体から排泄される過剰なサプリメントは、尿となって排泄されることもあれば便となって排泄されることもあります。この時に下痢や腹痛を引き起こしてしまうものもあります。

また体に蓄えられる過剰なサプリメントは、脂肪になってしまったり、皮脂の分泌を過剰にしてしまうものもあります。こうなるとアクネ菌のエサが増える原因になり、結果的にニキビが増えてしまうこともあります。

またサプリメントに添加物などが使用されている場合、大量に摂取することで添加物が体に蓄積し、ホルモンや体の様々な機能に影響を与えてしまうこともあります。

いくら体にいいサプリメントやビタミン剤でも、こんなにも体に影響を与えてしまっては意味がありませんよね。ビタミンなどの栄養素は過剰に摂取するよりも、体が必要としている分だけをバランスよく摂取することが非常に重要です。

ニキビサプリに副作用はあるの?

過剰に摂取をするとさまざまなデメリットを招くこともあるサプリメントですが、そもそも適用量を守って使用する分には副作用はないとされています。しかし、体質や肌質によっては異変が現れたり、用法用量を守らないと危険なこともあるので、しっかりと注意するようにしましょう。

成分名:ビタミンC

ビタミンCは水溶性のものが多いため、食事で大量にビタミンCを摂取してもほとんどが体外に排出されるとされています。しかしサプリメントで大量にビタミンCを摂取する場合には注意が必要です。ビタミンCは胃への負担が大きく、下痢を引き起こしてしまったり、腎臓結石の原因となることもあります。

成分名:イソフラボン

女性の体にうれしいイソフラボンですが、食事以外のサプリメントでイソフラボンを摂取する場合は過剰摂取に注意が必要です。特に女性の場合は注意が必要で、イソフラボンを過剰に摂取するとエストロゲンの分泌量が増えるため月経周期に乱れが現れ、妊娠などにも影響を与えてしまうことがあります。

成分名:ビタミンB2

副作用自体は報告されておらず、過剰摂取しても体外に排泄されるとされています。

成分名:ビタミンB6

ビタミンB6を過剰に摂取し続けた場合、極まれに副作用が出るとされています。手足のしびれや痛み、神経障害、腎臓結石などが報告されており、症例は少ないとはいえ、注意が必要です。

成分名:ビタミンE

ビタミンE単体では副作用は少ないとされていますが、過剰摂取は肌細胞を必要以上に活性化させてしまい、帰ってニキビの原因になることがあります。ビタミンEは一日8~10㎎を目安に摂取するようにしましょう。

成分名:亜鉛

亜鉛は体にとって必要不可欠な栄養素で、体外からしか摂取することができません。しかし、過剰に摂取すると男性ホルモンを増加させ皮脂が増えてしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。亜鉛は一日成人男性で10~12㎎、成人女性で9~10㎎を目安に摂取するようにしましょう。

成分名:コラーゲン

コラーゲンはタンパク質からできているため、体にとってはとても重要な栄養素です。しかし急に大量摂取を行うと、体が対応しきれずにニキビや発疹ができてしまうことがあります。またコラーゲンが何から作られているのかによって、体に反応が出る場合があります。市販されているコラーゲンの多くは豚や牛などから抽出されたものなので、人によってはアレルギーの反応を示すことがあります。

成分名:ビタミンA

ビタミンAの副作用については、妊娠中の女性で多く摂取しないようにという喚起がよく知られています。ビタミンAを過剰に摂取してしまうと妊娠中において、奇形や流産などの恐れがあるとされているからです。そのほかの場合でも吐き気や頭痛、発疹、下痢などの症状が報告されています。ビタミンAは脂溶性なため、脂肪の多い食品と同時に摂取すると吸収率が上がります。またビタミンAの中でもβカロチンは副作用が少ないとされるため、摂取時はβカロチンがおすすめです。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-大人ニキビ サプリメント

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.