大人ニキビ サプリメント

内服薬・ビタミン剤・サプリメントの違いとは?

投稿日:

体の内側からニキビを治したいと考えた時に薬やサプリメントを思い浮かべますよね。しかし同じ口から服用するタイプのニキビ治療アイテムでも、薬とサプリメントでは大きな違いがあることをご存知でしょうか。

薬とサプリメントとではその効果の出方も違えば、服用する目的や副作用も変わってきます。今回はそんな知っているようで知らない薬、サプリメント、ビタミン剤の違いについて詳しくご紹介したいと思います。

ニキビの治療は薬で行う?サプリで行う?

ニキビの治療内服でよく使用される薬やサプリメント、ビタミン剤の詳しい説明を行う前に軽く、それぞれの特徴をおさらいしておきましょう。

まずニキビの治療アイテムとして最も私たちの目に触れることが多いのがビタミン剤やサプリメントではないでしょうか。

これらはドラッグストアなどで取り扱われていたり、インターネット通販やコンビニなどでも取り扱われていたりする商品です。ビタミン剤やサプリは基本的に栄養を補てんすることを目的としたもので、副作用などがあまりないものだとして知られています。お肌を根本的に治癒することができるため、日常的に摂取しているという人もいるアイテムです。

効果に即効性はなく長期間に渡って使用することを目的としているため、短期で摂取してもあまり効果の程を実感できないこともあります。

それとは対照的に医師の診断のもとで処方されたり、ドラッグストアなどで成分を薄めて販売されているのが医薬品扱いになるニキビ用の内服薬です。

医薬品として扱われているためどこででも購入することは難しく、人によってはあまり目にしたことがないという人もいるかもしれません。細かいルールの下で服用することを前提としていて、短期間で高い効果を得ることができるアイテムです。しかし、一方で長期間に渡って使用していると効果が薄れてきたり、副作用なども心配されたりするものです。

ニキビの内服薬の注意点

薬と聞けば一般的には、服用を躊躇することもあるほどその効果と副作用を気にする人がたくさんいますが、実は「ニキビの内服薬」となると、軽んじて考える人もたくさんいるのが事実です。ニキビを正しく「皮膚病の一種」と理解していれば、このようなことは起こらないのかもしれませんが、ニキビの性質上、皮膚病の一種だと思いにくいため、市販されているニキビの内服薬をサプリメントのように摂取する人がいるようです。

内服薬、サプリメント、ビタミン剤、どの方法でニキビを治療するにしても、用法用量を守って正しく治療を行っていくことが非常に重要です。

ニキビを治療する内服薬

ニキビを治療する内服薬は、基本的に医師の診断のもと処方されるものが知られていますよね。もちろんそれ以外でもドラッグストアなどで買うことができる、薬の成分を抑えた市販薬などにもニキビを治療する市販薬は取り扱われています。

ニキビを治療する内服薬の多くは、ニキビの原因菌を殺菌、増殖を抑制する働きをもった抗生物質です。よく耳にする薬では、クラリシッド、ミノマイシン、フロモックスなどがあります。これらの薬は効果の程が早く、直接的にニキビを殺菌、抑制し的確に働きかけを行ってくれるためさまざまな種類のニキビに高い効果を得ることが可能です。

しかし一方で、副作用が報告されている薬もあり、めまいや下痢、便秘、頭痛、嘔吐、発疹、重症の場合でアナフィラキシー・ショックなどが現れる場合があります。

また抗生物質は長期に渡って使用を行っている場合、菌に耐性が生まれ薬の効果が得られなくなってしまうことがあります。

内服薬でニキビ治療を行う場合は、医師にしっかりと相談したうえで用法用量を守り治療を行っていくことが大切です。

ニキビに効くサプリメント・ビタミン剤

医師の診断が必要のない、どこででも手に入るニキビの治療アイテムがサプリメントやビタミン剤です。サプリやビタミン剤は薬とは違い、個人の判断で購入し使用しても体への影響が少ないとされています。

そのため、ニキビの治療のために服用しても効果が現れにくく、長期間に渡って使用しないと効果が得られないものもあります。しかし、日々の生活の中で不足しがちなビタミンなどの栄養素を補うことができるので、日常生活の中でニキビの原因を改善していくことができます。

サプリやビタミンにはニキビの原因菌を殺菌する力はありませんが、服用することで肌のコンディション、体のコンディションを整え、結果的にニキビの原因菌が繁殖しにくい体を作ることを目的としたアイテムです。

普段の生活の中で必要な栄養素を補給することを前提としているため、副作用なども少ないとされていますが、過剰摂取を行った場合、極まれに副作用が出ることが報告されています。

あくまでも補うことを目的としたアイテムがサプリやビタミン剤です。普段の生活を見直し、食事などの改善を行ったうえで服用し、肌のコンディションを整えていきましょう。

内服薬、ビタミン剤、サプリメント、自分に合うものでニキビを治療していく

内服薬とビタミン剤、サプリメントとは大きく、目的も違えば効果も服用方法も異なってくるニキビ治療アイテムです。どちらがどういいのかとは一概に言えるものではなく、発症しているニキビの症状に合わせてうまく使い分けていくことでニキビの治療は行えるものです。

皮膚科や美容皮膚科の医師は、これらのニキビ治療の内服薬とビタミン剤をうまく組み合わせて処方することが多く、短長期的に治療を試みていく人も数多くいます。

自己判断でどのようにするかを決めるのは非常に難しいですが、どのような方法がいいのか分からない場合は一度医師に相談したうえで、治療方法を決めていくようにしましょう。

みんなが選んだ!
ニキビケアならルナメアAC

でかくて真っ赤な大人ニキビに使用してしっかり効果を実感できた化粧水セット。たったの1,080円で1週間分の洗顔・化粧水・乳液がセットでお試しできます!

ルナメアAC公式ページへ

[ルナメアAC体験談]

-大人ニキビ サプリメント

Copyright© 大人ニキビの教科書 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.